MENU

What’s New
お知らせ&ブログ

ママたち苦しめる7つの捉え方の癖

Blog

2019.07.22

Grattyプロデューサー
英会話×レジリエンス専門家の木場です(^^)

 

前回は「物事の捉え方」について

お送りしましたが、

 

今日はママたち苦しめる

「7つの捉え方の癖」をご紹介します。

 

人間の脳は、一度に処理できる情報量に
限界があることを知っていますか?

 

今朝の出来事を思い返してみてください。

 

・朝ごはん何にしようかな?
・今日はこれを持たせなきゃだった・・・
・あっ、洗濯機回してなかった!
・そう言えば、連絡帳書いてなかった
・小学校の宿題ちゃんとしたのかな・・・

 

朝から大騒ぎですよね^^;

 

普段は冷静にいられる人でも

 

この朝のようなストレスに
さらされた状態だと

 

****************************

物事を深く考えず情報を
自動的に処理していきます。

****************************

 

これが、人の捉え方の「癖」です。

 

人間は、今までの考え方や経験からくる

 

「捉え方のパターン」から

 

抜け出すのはなかなか難しいんです^^;

 

例えば、

 

今日の朝

 

「もう!早くして!いつも時間ギリギリだよ。
何回言ったら分かるの!」

 

と、子どもを叱ってしまったという方。

 

私も

 

「あ〜ちょっと言い過ぎたかな・・・」

「こんな自分の性格嫌だな。」

 

と思ったことが何度もあります。

 

実はこれ、

 

自分の言葉ではなく

人間の肩に乗っている

 

^^^^^^^^^^^^

オウムのセリフ

^^^^^^^^^^^^

 

なんです。

 

こんなネガティブなオオムが
誰の肩にも乗り、私たちに語りかけてくるわけです。

 

典型的な7つのオオムを
ご紹介しますね!!!

 

【1】心配オウム「あ〜どうしよどうしよ」
悪い結果になると違いないと思い込む。

 

【2】あきらめオウム「自分にできるわけないやん」
チャレンジしない。全てのことは自分にコントロール不能。

 

【3】罪悪感オウム「自分が悪いんよね・・・」
自分を責め、それに時間をやたら費やす。

 

【4】非難オウム「自分は悪くない!あの人が悪い」
すぐ人のせいにする。物事を白黒で考える。

 

【5】正義オウム「それは正しくない!不公平やん」
神経質で正義を貫く。なんか怒っている。

 

【6】敗北者オウム「みんなスゴい!私なんか・・・」
敗北感、劣等感、憂うつなどの感情に支配される。

 

【7】無関心オウム「興味ない。別に。それで?」
問題から目をそむけ、今がよければいい。
※思春期の子供に多いです。

 

「私、全部当てはまる・・・」という方。

 

当てはまっていいんですよ。

 

例えば、、、

 

無関心オウムのおかげで、
苦しい現実から一時的に目をそらし
心を守っていることもあるでしょう。

 

自分ではどうにもならないことに対して、
あきらめオウムが

「それでいいんよ〜♪」

って助けてくれたり。

 

問題は、常に同じオウムを肩に乗せ続けて、
そのこと(捉え方の癖)に気づけないこと。

 

この捉え方の癖を、まずはお父さんお母さんが理解し、
実践してみることを強くオススメします。

 

子育て+会社、幼稚園、サークルなど、
すべての生活において役立つスキルです。

 

「あ・・・私、いま何オウムが乗ってる?」

 

この意識がとっても大切です。

 

ぜひ明日からやってみてくださいね^_^

 

それでは!!!

 

Grattyプロデューサー
英会話×レジリエンス専門家
木場真一

大人用のレジリエンス情報はコチラ↓
http://kivax.net/