MENU

1

英語が身につく3つの理由 英語力

グラッティでは、自分の気持ちを英語できちんと伝えることができる「使える英語力」を育てます。
詰め込み式の勉強ではなく、子ども達が興味を惹く、世界基準の教材などで、幼少期にしかできない英語の基礎を築きます。

Lessons according to age

3~12才に特化した
英会話レッスンを


日本語のように覚える


皆さんは中学校で英語を覚える時にどんな覚え方をしましたか?
「本→Book」「えんぴつ→Pencil」など、「日本語→英語」という覚え方をされた方が多いのではないでしょうか。

しかし、英語を母国語とする子どもたちは英語をそんな風に覚えません。

花だんに咲いている色んな花を見て「Flowers」と覚えます。
お子さまが日本語で言葉を話しはじめた時、「ワンワン」「ブーブー」からだんだん「いぬ」「くるま」と言葉を覚えていくのと全く同じです。

一般的な英語の覚え方
グラッティでの英語の覚え方

このように、何かを見たときに瞬間的に「❀=はな」「❀=Flowers」と覚えることができるのは、日本語で言葉を覚えはじめる3才から12才の時期が特に優れています。
学校で英語を習い始めて「❀」を日本語に訳して「Flowers」と覚えてしまう前に、この年齢にしかできない英会話レッスンがとても大切です。

グラッティの
成長別学習メソッド


単語カードで英語を暗記させる学習ではなく
普段使う言葉をまずは定着させていく

グラッティの英会話レッスンは、3才から12才の子どもたち向けに、成長に合わせて段階的に英語を習得できるように作られています。

多くの子どもは2才ぐらいから、赤ちゃん言葉ではなく親の言葉をマネして話し始めます。
この時に子どもが話す言葉を想像してみて下さい。
「ご飯」や「靴」「歩く」など、ふだんよく使う言葉から話しはじめているはずです。
これと同じように、英語もふだんよく使う言葉でないと、覚えても定着しません。
子ども向けの英会話レッスンでひたすら単語カードを暗記させる学習が流行ったこともありますが、これは暗記力勝負の受験英語のやり方であり「使える英語力」ではないのです。

Food Shoes Walk

英語は、『ものの動き』『状態』『位置』などを伝える言葉が、とても大切な役割を果たしています。
また、実はその重要な単語は、その数が限られています。
こういった「最初に覚えるべき大切な言葉」を3~6才ぐらいの時期に繰り返し聞いて、声に出すことで、言葉を覚えていけるように、設計されています。

そして、話せるようになってきたら、少しずつ『読み』『書き』の練習を始めます。
内容が進むごとに新しい単語だけを覚えるのではなく、前に習った言葉を忘れないよう、<復習+応用>で確実に言葉を蓄積していきます。

成長に応じた学び

『聞く』→『話す』→『読む』→『書く』という成長に応じた学びは、小学校から始まる英語の授業にスムーズに対応できることはもちろん、この時期につちかった「聞く力」と「聞いたことをそのまま発音する、話す力」が、大人になったときにネイティブ並みの英語を身につけるベースになります。

Native Instructor & Engilsh Only

ネイティブ講師&
英語オンリー!


「厳しそう…。」「やっていけるかな…?」と不安になるお母さんもいるかも知れませんが、
子どもたちは遊び感覚で、毎日楽しく取り組んでいます!


グラッティの授業はネイティブ講師+日本人のサポートスタッフでレッスンが行われます。レッスン中は、基本的に英語オンリー。
子どもが日本語で話しても「Please speak in English !(英語で話してちょうだいね!)」と、英語での会話をうながします。

このように、耳が日本語に慣れきっていない時期にネイティブな英語を聞くことで、海外で使われている本物の英語を聞き取れる耳が養われます。
また、単語を知らなくても、自分が言いたいことをなんとか英語で伝えようとすることで、自分の気持や主張を英語で伝える「使える英語力」が身につくのです。

さらに、各レッスンは6〜10名程度の少人数制クラスなので、一人ひとりじっくりサポートすることができます。

さらに 授業×自宅レッスンで
効果倍増!

自ら率先して英語のレッスンをしてもらえるように

1時間の英会話レッスンに週1回通うとすると、1年間で英語にふれる時間はおよそ50時間。
海外に行って3-4日過ごしたほうが、英語にふれる時間は多いと言えます。
やはりどうしても、英会話教室のレッスンだけでは英語にふれる時間が少ないということです。

そこで、グラッティでは、レッスンに通う時間以外の、自宅でのレッスンに力を入れています。自宅で子どもたちが、まるでゲームを取り合うように、自分から率先して英語のレッスンをしたくなるような工夫をしています。

グラッティはこんな工夫で、子どもの家庭学習をサポートしています!

CDなどを使って、
楽しみながら学ぶことができる
家でも英語を話したい!と思える、
楽しいレッスン
子どもたちが興味を持つ、
世界のスタンダード教材

英語バカはつくらない!
英語+アルファの教育も
行っています。

レジリエンス教育が受けられる


レジリエンス教育は、「子どもの可能性を広げてあげたい」「将来の子どもの選択肢を増やしたい」とお考えのお母さんに共感を頂いています。

子ども達の折れない心を育てる

2レジリエンス教育が受けられる >